トップ

交通事故と失うものの大きさ

交通事故は莫大なものを失う

交通事故で失うものとは

交通事故で加害者となった場合、あなたが失うものはいくつあるでしょうか。最初に思い浮かぶのが、仕事や役職など社会的地位でしょう。次に思い浮かぶ賠償金などの金銭的負担は、莫大な金額になることもあるでしょう。

ほかにどんなものを失うでしょうか。もしかしたら家族も失うことになるかもしれません。場合によっては友人も、仕事仲間も、取引先も失うことになるでしょう。今まで積み重ねてきた信頼関係が一気に崩壊するかもしれません。そして、事故の程度によっては裁判を受け、刑務所に入る可能性もあります。

あなたが奪うものはなんでしょうか。最悪の場合、被害者の命を奪ってしまうこともあるでしょう。命は助かっても、その人の仕事を奪い、家族が去るきっかけを作ってしまうかもしれません。

交通事故とは加害者だけでなく、被害者にも大きな傷跡を残すことになります。もしもあなたが事故を起こしたら、保険会社以外に交通事故について相談する相手は誰でしょうか。

被害者になった場合はどうでしょうか。あなたが交通事故の被害者になったら失うものはさらに多くなります。命は助かっても、後遺症が残ってしまったら、不自由な生活を迫られることになります。結婚や就職に影響が出ることもあるでしょう。

加害者とのやり取りの中で関係がこじれれば、不当な要求をするクレーマーという誹謗中傷にさらされるかもしれません。事故の相手によっては金銭面的な負担がのしかかることも考えられます。

交通事故は、自分が落ち度の無い被害者であったとしても、たくさんのものを失います。加害者にならないように注意して運転をすることはもちろん大切ですが、被害者にならないように注意して行動することも大切なことだと言えるでしょう。

Copyright © 交通事故は莫大なものを失う. All rights reserved.